忍者ブログ
オリジナル小説のダストボックス

WRITE | ADMIN

PR
カウンター
プロフィール
HN:
碧井 湊
性別:
非公開
自己紹介:
頭の中には、
いつも何かのストーリー。
なかなか、
文字にならないのが難点。

詳しい事はこちらへ。
メールフォーム
感想・ご意見等 お気軽にどうぞ
Powered by NINJA TOOLS
忍者サイトマスター
バーコード
ブログ内検索
当ブログの利用方法
★プラグイン最上部のブログタイ
 トルをクリックで、トップページ
 へ戻ります。
★トップページより、各小説タイ
 トルをクリックで、目次ページ
 へ進みます。
★プラグイン内「カテゴリー」から
 も、目次ページを開けます。
★小説各ページに「次へ」のリン
 クはありますが、「前へ戻る」
 リンクはありません。プラウザ
 内の「←」をご利用いただくか、
 一度目次ページへ戻るかして、
 ご覧ください。
アクセス解析


忍者ブログ [PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


web拍手 by FC2


 ニュース等で聞いた話で、実際に体験していないので審議の程は分かりませんが……

 あちらこちらで、福島県の方々に対する、いわれの無い差別行動が起こっているようです。

 タクシーを乗車拒否されたり、ホテルに「福島県民お断り」という張り紙がされたり、被災して転居し、転校した先でいじめがあったり……。

 こういうニュースを見ると、悲しくて仕方がありません。

 確かに、放射能は怖いものです。
 しかし、その様な狭い心持ちで長生きをしようと気を張った処で、其の人生が実り豊かで良いものになるのでしょうか?

 逆に、自分が海外に行った時の事を考えてみてください。
 「日本人」だからと入店を断られたら?「放射能が怖いから日本人は近付くな」と嫌な目で見られたら?

 自分は何も悪くないのに、と、理不尽な思いをするのではありませんか?

 福島県の方だって、全く同じ思いです。

 戦後、広島県や長崎県出身の方々にも、同じ様な事が起こったと聞きます。
 つらい思いをしている方への残酷な仕打ち、これ程非人道的な事はありません。

 確か、瀬戸内寂聴さんが仰られていたと思いますが、その言葉になるほどと思いました。

  「キリストは、罪ある人々の身代わりとなって、十字架に架けられた。
   今回の被災者の方を、自分の罪の身代わりとなってくれたと考えれば、
   自分がどのように行動すべきか、おのずと分かってくる」

 記憶が曖昧なので、語彙は違うと思いますが、この様な意味の言葉でした。
 私はキリスト教の考え方が、余り好きでは無いのですが、この話には、なるほどと思いました。

 現地に行って何かをするという事は、なかなか出来る事ではありませんが、今の自分に出来る事を、考えていきたいものです。
PR

web拍手 by FC2





Powered by 忍者ブログ  Design by まめの
Copyright © [ Second Box ] All Rights Reserved.
http://secondbox.side-story.net/